Published on December 7, 2016 by vavol

渋谷109の前で、一人で、きょろきょろしている修学旅行生。
春先になると、毎日見かける。
芋臭いセーラー服。

ふと、悪いことを思いついた。
激裏の永久会員でいると、日常的に悪知恵を思いつき、そして、実践したくなるもの。

雑誌社を騙って、話しかけてみた。
思い立ったら、すぐ行動する。
たとえ、騙されなかったとしても、どんな反応をするのかだけでも楽しめる、話のネタになるから。

声をかけたのは、芋臭くて垢抜けないのに、やたら可愛い子だった。
堀北真希似たかなりの美小女だ。

微妙な長さのスカート丈、昭和かとツッコミたくなる白いハイソックス、そして、ちょっと猫背。
せっかくの美小女なのに、どうにも垢抜けない。
けれど、その垢抜けなさが、私のようなマニアには、たまらない。

東北訛りのある子だった。
グループの子とはぐれてしまったらしく、困っていたらしい。
携帯電話は班長だけが先生との連絡用に持っていて、路線図も複雑でワケがわからない、と。

案内してあげる代わりに、雑誌用に、写真撮らせてと話して、ホテルへ連れ込む。
「ビジネスホテルだから大丈夫だよ。東京では当たり前」と説明すると、納得していた。

言葉巧みに、パンチラなどを撮り、ブラチラを撮り、若い子の性特集があるからと、オッパイを撮り、オマンコを撮り。

途中、さすがにおかしいと察知して、わずかに抵抗をし始める。
けれど、これが東京だからと押し切って、オッパイ揉み揉み。

もう我慢しきれなくなって、押し倒した。
「何するんですか」
「わかってんだろ。セックスだよ」
「ちょっ、ヤダヤダヤダ」

うるせーと頭を押さえつけて、挿入!!!(笑)
めちゃくちゃ痛がってましたが、関係ない。
嫌がってる方が興奮する。

とうとう泣き出してしまって、「母ちゃん……母ちゃん助けて……」と泣きながら言ってるのが最高に興奮した。

めちゃくちゃ可愛い顔が、泣き顔でぐしゃぐしゃになって、助けを求めている映像も見たたくないですか?
よろしくお願いします。

Category Tag

Add your comment

Your email address will not be published.